/

この記事は会員限定です

米シェールの生産効率急上昇 「待機井戸」を活用

原油価格の上値抑える

[有料会員限定]

米原油先物が史上初のマイナス価格を付けてからちょうど半年。世界最大の産油量をもつ米国で原油の生産効率が大幅に向上している。収益改善を急ぐシェール企業が優良鉱区で低コストでの操業を徹底。1拠点あたりの新規生産量は過去最高水準にある。業界再編や淘汰も進む。効率生産を進めるほど相場安が続く葛藤の中で、各社のコスト耐性が試されている。

米シェールオイル生産の5割以上を占めるパーミアン地区。米エネルギー情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン