/

中国の輸出管理法「運用を注視」 官房長官

加藤勝信官房長官は19日午前の記者会見で、中国での輸出管理法の成立に関し「運用を注視する」と語った。規制対象品目の範囲や域外適用の可能性をあげ「日本企業の経済活動に影響を与える可能性を含めて高い関心を持っている」と強調した。

中国の輸出管理法は17日、国会にあたる全国人民代表大会常務委員会で成立し、12月1日に施行する。安全保障などを理由に禁輸企業リストをつくり特定の企業への輸出を禁じる。米国を念頭に海外の輸出規制への対抗措置と位置づけるとの規定も追加した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン