/

JR東海が改良型リニア公開、時速500キロで走行試験

JR東海は19日、山梨リニア実験センター(山梨県都留市)でリニア中央新幹線の改良型試験車の走行を初公開した。2013年から走る初代営業仕様の「L0系」と比べ、先頭車のデザインを一新。中間車の内装も白をベースにより明るくし、乗り心地を改善させた。27年以降の東京(品川)―名古屋間の開業に向け、今後も改良を続けていく。

この日は開業時と同じ最高時速500キロ(東海道新幹線は同285キロ)の走行を公開した。改良型試験車は日立製作所製の先頭車1両、日本車両製造製の中間車1両を導入。既存のL0系と合わせ計7両で走行した。

山梨リニア実験線(上野原市―笛吹市)間の40キロ強を約8分で走った。平均時速は300キロ超になる。走行開始から45秒ほどで地上から浮上し、そこから2分で500キロまで加速。最高時速のまま2分ほど走り続けた後、減速していった。地上から離着陸する際の揺れは飛行機と似たような感触で、着陸時のみわずかな揺れを感じた。

座席は体圧を分散した新たなクッションを取り入れ、耳の付近を覆うような形状とした。シート幅も既存のL0系より2センチ広げ約48センチとした。東海道新幹線の普通席より2~4センチほど広く、新幹線のグリーン車とほぼ同じ幅となった。

座席のリクライニング時にはシートと背もたれが連動できる構造とした。全席の肘掛け部分にUSBコンセントを設けたほか、テーブルが出る位置を前の座席の背部からではなく、反対側の肘掛けからにした。

走行終了後、実験センターの所長を務めるJR東海の大島浩執行役員は「今までのL0系を磨き上げ、現時点の我々としては一番良い車両を作った。営業運転までにやり残したことがないよう、安全性や快適性をさらに検証していく」と話した。

先頭車は滑らかな空気の流れをイメージした流線形の青を外観に取り入れた。先頭部の空気抵抗を約13%下げたほか、車体の下や地上に設置したコイルから非接触で車内の電気を供給できるようにした。発電装置を搭載しないため、より軽量化が図れている。前照灯や前方カメラもこれまでの先端部からより高い位置とし、視認性を向上させた。

リニア中央新幹線は品川―名古屋間を約40分で結び、東海道新幹線より1

公開されたリニア中央新幹線改良型車両の内装(19日、山梨県都留市)

時間近く早くなる。37年以降には大阪まで延伸する計画だ。総工費は約9兆円で、うち名古屋までで約5.5兆円を見込む。

同社はリニア技術で米ワシントン―ニューヨーク間(約360キロ、うちワシントンから約70キロのボルティモアまでを先行開業)を結ぶ「北東回廊」構想も進める。海外では中国企業が上海でリニアの走行試験をしている。

ただ、リニアの品川―名古屋間の開業は当初予定の27年からの延期が決定的となっている。トンネル掘削に伴う水資源などへの影響を懸念する静岡県との協議が難航し、県から工事の許可を得られていないためだ。

新型コロナウイルスの感染拡大により、運輸収入の9割を占めていた東海道新幹線の利用者も大幅に減っている。JR東海はリニアの車両改良のみならず、工事の進捗や採算改善といった課題にも直面している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン