/

この記事は会員限定です

日本無線、鉱山向け通信に参入 機械の遠隔操作可能に

[有料会員限定]

日清紡ホールディングス傘下の日本無線は、鉱山機械の遠隔操作やデータ収集を可能にするための鉱山向け通信システムに参入する。通信環境を整える機器を販売し、まずアフリカの鉱山用に12月にも納入する。新型コロナウイルスの感染拡大を防いだり、経営効率を高めたりするため、採掘現場でも省人化の需要が高まっていることに対応する。

鉱山は通信環境が整っていないことが多く、機械の遠隔操作は難しかった。日本無線の通信機器は1台で半径1~2キ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン