22歳男「殺意なかった」 名城大准教授刺傷で初公判

社会・くらし
2020/10/19 11:04 (2020/10/19 11:36更新)
保存
共有
印刷
その他

名古屋市天白区の名城大の研究室で1月、単位取得を巡るトラブルから理工学部の40代男性准教授をはさみで刺したとして、殺人未遂の罪に問われた野原康佑被告(22)の裁判員裁判初公判が19日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で開かれ、被告は刺したことを認めた上で「殺意はなかった」と述べた。

検察側は冒頭陳述で「一度留年し希望する研究室へ配属されず、指導が厳しいとうわさのある准教授の研究室へ入った」と説明し「准教授がいなくなれば全員が単位を取得できると考え犯行に及んだ」と指摘した。

弁護側は、暴言を用いる厳しい指導があったとし「アカデミックハラスメントをやめさせようと傷つけるためだった」と主張。「単位をあげないと言われ、指導を超えて自分勝手だと思った」とし、傷害罪と銃刀法違反罪に当たるとした。

起訴状によると1月10日、研究室で、准教授の首などをはさみで複数回突き刺して殺害しようとしたとしている。

被告は准教授の講義を受けていた。リポートの再提出を指示されたが提出していなかった。被告が研究室に入った後、怒鳴り声を聞いた他の教員や学生らが駆け付け、准教授に馬乗りになっていた被告を制止した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]