/

この記事は会員限定です

「量」ありきの財政出動脱却を 佐藤主光・一橋大教授

菅政権の経済政策 私の注文(1)

[有料会員限定]

行政のデジタル化など具体的な政策で成果を急ぐ菅政権。財政、金融政策など中長期の視点や取り組みが必要な問題にはどう臨むべきかを識者らに聞いた。1回目は一橋大学の佐藤主光教授。

デフレ脱却を掲げたアベノミクスは当初、短期決戦を目指した。緊縮財政などマクロ経済政策の間違いを正せば、どこかで経済が上昇気流に乗れるという考えがあった。だが日本は古い雇用慣行や中小企業の生産性の低さなど深刻な構造問題を抱えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン