/

日ベトナム首脳会談 ビジネス短期往来再開で一致

(更新)
ベトナムのフック首相(右端)と会談する菅首相(左端)=19日、ハノイ(代表撮影・共同)

【ハノイ=安部大至】ベトナム訪問中の菅義偉首相は19日午前、フック首相と会談した。新型コロナウイルスの感染拡大で滞っていたビジネス目的の短期出張者の往来再開で一致した。防衛装備品の輸出についても実質合意した。

東・南シナ海で台頭する中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」構想で協力を確認した。

会談時間は約1時間20分だった。菅首相は冒頭に「ともにインド太平洋国家として地域の発展と繁栄のために連携して貢献していきたい」と表明。フック氏は「日本と力を合わせて地域の平和と発展推進のために頑張っていきたい」と語った。

ベトナムとの往来再開は7月に企業の駐在員や長期滞在者を対象に合意していた。首脳会談では短期出張者の往来とともに双方向の旅客便の再開でも一致した。

コロナ感染拡大を踏まえ、マスクなどサプライチェーン(供給網)での協力強化も申し合わせた。菅首相は会談後の共同発表で「サプライチェーンの多元化を推進する」と語った。

菅首相にとってベトナムが就任後初の外国訪問となる。フック氏との会談で「開かれたインド太平洋構想」推進に向けて東南アジア諸国連合(ASEAN)地域を重視する姿勢を示した。

ベトナムは南シナ海で人工島の建設を進める中国と領有権を争い、4月には中国公船がベトナム漁船に体当たりし沈没させる事件が発生した。会談では南シナ海の海洋秩序を守るため協力を強化する方針を確認した。

防衛装備品の移転協定は転売の際に日本の同意を求めるなど輸出時のルールを規定する。日本は紛争当事国への移転禁止など防衛装備移転三原則を協定で確認した国に装備品輸出を事実上限定している。

協定は東南アジアではフィリピン、マレーシアに次ぐ3カ国目となる。輸出する装備品などは今後検討する。菅首相は共同発表で「安全保障分野の大きな一歩だ」と語った。

首脳会談後の文書交換式では、火力発電所の投資開発に関する覚書など12件の文書を交わした。

今回は新型コロナの感染拡大後、日本の首相による初の外国訪問でもある。首相は日本出国前と帰国後にPCR検査を受ける。帰国後2週間の待機措置は免除される。政府専用機で同行する職員は最小限に絞った。

会談前に握手するベトナムのフック首相(右)と菅首相(19日、ハノイ)=代表撮影・共同

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン