/

この記事は会員限定です

日通、中欧間の鉄道貨物便数2倍に 航空運賃の急騰で

[有料会員限定]

日本通運は中国と欧州とを結ぶ鉄道貨物便の本数を2021年に約2倍に増やす。新型コロナウイルスの感染拡大で減便が相次ぐ航空貨物便の運賃は急騰し、航空に比べ輸送コストが10分の1程度で済む鉄道貨物の需要が増えている。中国に拠点を持つ日系企業や中国の精密機器、自動車部品メーカーなどの物流費抑制につながる。

日通は現地の鉄道事業者と連携し、中欧間で現在往復23ルートを運行する。輸送日数は25日程度。主力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン