/

この記事は会員限定です

稲森、曲げずしぶとく 同一メジャーでツアー2勝目

[有料会員限定]

18番で2メートル弱のバーディーパットを決め栄冠をつかみとると、稲森は小さくガッツポーズした。4日間、オーバーパーのラウンドがないのは3位内藤と2人だけだ。雨と寒さでタフなコンディションの前日はベストの2アンダー。派手さはないが、初日から70、68、68、69というスコアが、稲森らしい、しぶといプレーを物語る。苦杯をなめた谷原は「相変わらずステディー」と評した。

大会前から各選手が口を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン