公明代表、維新と街頭演説 大阪都構想に「賛成」

政治
関西
大阪
2020/10/18 19:45
保存
共有
印刷
その他

都構想の賛成を訴える公明党の山口代表(左)と大阪維新の会代表の松井大阪市長(18日、大阪市)

都構想の賛成を訴える公明党の山口代表(左)と大阪維新の会代表の松井大阪市長(18日、大阪市)

公明党の山口那津男代表は18日、大阪市で日本維新の会代表の松井一郎大阪市長らと一緒に街頭演説に立った。維新が推進する大阪都構想を巡る11月1日投開票の住民投票での賛成を呼びかけた。

山口氏は「二重行政を解消して身近なサービスも維持できる。この都構想は賛成をお願いする」と訴えた。公明党は2015年の住民投票で反対した経緯がある。方針転換は都構想が実現しても行政サービスの水準を維持できると確約を得たためだと説明した。

松井氏は「山口代表と街頭で訴えるのは隔世の感がある」と語った。維新はかつて次期衆院選で公明党の現職がいる小選挙区に対抗馬を出す考えを示したことがある。山口氏の大阪入りには1年以内に実施される衆院選へ向けた思惑もある。

国政で公明党と連立を組む自民党の大阪府連は都構想に反対の立場だ。自民の二階俊博幹事長は13日の記者会見で「大阪の皆さんがどういう判断をするのか慎重に見守りたい」と述べるにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]