採用「新卒こだわらずに」 文科相ら要請へ

大学
経済
政治
社会・くらし
2020/10/18 19:01
保存
共有
印刷
その他

萩生田光一文部科学相は18日のNHK番組で、新型コロナウイルスの影響が直撃した業種を中心に採用を絞る企業が多いことを踏まえ、大学生を卒業年にこだわらず長期的に採用するよう経済界に求める方針を示した。近く田村憲久厚生労働相とともに経団連などと協議する。

萩生田氏は2021年以降の就職活動にも影響が続くとの認識を示した上で「コロナ下で大学を卒業する皆さんを長期的に採用するルールを作っていただこうと思う」と述べた。現状は新卒かどうかで採用機会に違いがあり「少しなだらかに、就職のチャンスを二度三度あるようにしたい」と強調した。

田村厚労相も18日、卒業3年以内の学生を新卒者として扱うことを徹底するよう企業に要請すると表明した。視察先の福島県で記者団に「3年間は新卒者の扱いで採用のチャンスをつくってほしい」などと述べた。

一方、萩生田氏は自民、公明両党で議論が続く受験生を対象とした新たな給付金制度について「与党の協議内容を見て判断したい」とした。政府内には浪人生を含むことや制度そのものに否定的な意見もある。同氏は現役生を念頭に「財政的な理由で受験を諦めたり、受験校を絞ったりしないよう日本学生支援機構などとも相談して応援したい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]