囲碁AIが独創の定義変える 大橋拓文が身を投じた革命
囲碁の闘士たち(4)

囲碁の闘士たち
2020/10/25 2:03 (2020/10/29 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京・市ケ谷の日本棋院では毎月2~3回、金曜午後に気鋭の若手棋士らがパソコンを片手に集まる。「その手はダメみたい。(勝率が)30%に下がっちゃったよ」「違う布石なら大丈夫なんじゃない? AQZにも探索させてみようか」

いくつもの人工知能(AI)の評価値を突き合わせながら、最近自分たちの打った対局の良しあしを議論する。芝野虎丸らトップ棋士も顔を出す「AI研究会」だ。中心にいる36歳、六段の大橋拓文…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]