/

この記事は会員限定です

ファンと触れ合う「平熱の勝負師」 次代担う芝野虎丸

囲碁の闘士たち(2)

(更新) [有料会員限定]

「名人にはなりましたけど、囲碁だけやっていていいのかなといつも思いますし、むしろプロになりたかったわけでもないです。けっして囲碁が嫌いなわけではないのですが……」

2019年秋、芝野虎丸は史上最年少19歳で名人のタイトルを獲得した。勢いにのって王座戦で井山裕太を倒して二冠、さらに三冠と積み重ねた。連載前回で触れた、しばしば井山を打ちのめしているという若手こそ、この芝野だ。今秋、名人を失って二冠に戻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2070文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

囲碁の闘士たち

碁盤の前にかしこまり、パチリパチリと石を打つ。そんな静かなイメージを、見事に裏切るのが現代の囲碁棋士たちだ。何度打ちのめされても不屈の精神で起き上がる。小さなころから海外へ武者修行にでかけ、人間を上回る能力を身につけつつある人工知能(AI)にもひるまない。しなやかさとタフさを兼ね備えた闘士たちの姿を追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン