/

この記事は会員限定です

ソフトバンク主軸奮起7連勝 栗原、満塁で3点打

[有料会員限定]

先制、中押し、そしてダメ押し点。実に効果的な援護点を受けて先発投手は7回無失点。ケチのつけようのないソフトバンクの快勝だ。

一回、楽天の先発石橋は3球で2人を打ち取った。しかし3番柳田がその立ち上がりに待ったをかける。3球目、147キロのストレートを強振。「久々にバットの芯に当たった」という会心の一撃。工藤監督いわく「先制できてベンチの雰囲気が変わった」。

四回は先頭の4番グラシアルだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り477文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン