オンライン診療普及へ環境整備 アプリの早期承認を検討

菅内閣発足
政治
2020/10/18 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は医療分野の規制改革で柱となるオンライン診療の普及に向けた環境整備に着手する。規制改革推進会議は診断などに使う医療用アプリの活用を促進するため医療機器として承認を早めるよう規則変更などを検討する。米英などに遅れるオンライン診療は医療現場との調整も難題となる。

同会議(議長・小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)は19日、医療分野の作業部会で議論を始める。必要な措置を示す計画を年内につくる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]