/

この記事は会員限定です

オンライン診療普及へ環境整備 アプリの早期承認を検討

[有料会員限定]

政府は医療分野の規制改革で柱となるオンライン診療の普及に向けた環境整備に着手する。規制改革推進会議は診断などに使う医療用アプリの活用を促進するため医療機器として承認を早めるよう規則変更などを検討する。米英などに遅れるオンライン診療は医療現場との調整も難題となる。

同会議(議長・小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)は19日、医療分野の作業部会で議論を始める。必要な措置を示す計画を年内につくる。

主要議題はICT(情報通信技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン