テレワーク制度化、中小企業に最大200万円 政府方針

2020/10/17 20:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は中小企業を対象に社内でテレワークの制度化を促す助成制度をつくる方針だ。新型コロナウイルスへの対応措置だけでなく正式な制度と規定し、労働環境の改善などの効果が確認できた企業には最大200万円を支給する。2021年度の実施をめざす。

新しい助成制度の対象企業はテレワークを就業規則などに規定することが条件となる。まず3カ月間、一定頻度で社員がテレワークを実施すると通信機器の導入や管理職の研修費な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]