/

首相、靖国に真榊奉納 例大祭初日の閣僚参拝なく

菅義偉首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭にあわせて「内閣総理大臣 菅義偉」名で真榊(まさかき)と呼ばれる供物を奉納した。18日までの期間中の参拝を見送る見通しだ。

大島理森衆院議長と田村憲久厚生労働相、井上信治万博相も17日、真榊を奉納した。菅内閣の閣僚による正式な参拝は確認されなかった。

安倍晋三前首相は春と秋の例大祭で真榊を奉納してきた。首相も対応を倣ったとみられる。

新型コロナウイルスの影響を受け、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は一斉参拝を見送る予定だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン