コマツ建機監視システム、他社製にも 外販で収益拡大

自動車・機械
環境エネ・素材
2020/10/17 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コマツは自社の建機に搭載していた遠隔監視システムの外販に乗り出す。月5万円程度からの利用料で他社ブランドのダンプトラックに載せられるようにし、工事会社などの現場管理をしやすくする。建機だけではなく関連事業で培ったサービスの知見も製品として売る戦略で、ソフトで稼ぐビジネスモデルが製造業にも広がってきた。

コマツは2001年から全地球測位システム(GPS)を使った「コムトラックス」と呼ぶ遠隔監視装置…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]