/

故中曽根元首相の合同葬 首相「必要な改革実行」

(更新)
中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬で追悼の辞を述べ、自席に戻る菅首相(17日、東京都港区)

昨年11月に死去した中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬が17日、都内のホテルで営まれた。葬儀委員長の菅義偉首相、衆参両院議長、歴代総裁らが参列し、日米同盟強化や国鉄民営化など行政改革を進めた元首相に最後の別れを惜しんだ。

首相は追悼の辞で「国内外にわたる大きな転換期に当たり、次世代に向けて全身全霊を傾けて新しい道を切り開かれた」と述べた。「必要な改革を実行し、国際社会の平和と繁栄に貢献した。改革の精神を受け継ぎ、国政に全力を傾けることを誓う」と悼んだ。

友人代表の渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆は弔辞を寄せ代理人が代読した。「私の師であり、兄であり、唯一の畏敬した友人だった」と故人をしのんだ。

大島理森衆院議長は「行政の改革と財政の再建に心魂を傾け、世界の平和と繁栄に力をいたし、国民生活の安定と日本の国際的地位の向上に貢献された」と語りかけた。

合同葬は今年3月に開催される予定だったが新型コロナウイルスの感染拡大で延期された。参列者の招待を当初予定の4割にあたる1400人に絞り、約640人が参列した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン