/

この記事は会員限定です

北海道・函館進出の仏ワイン老舗、委託醸造で初ワイン

[有料会員限定]

仏ブルゴーニュワイン老舗の日本法人であるド・モンティーユ&北海道(北海道函館市)は、同社初の日本ワインを発売する。函館で2019年に植えたブドウを使う自社醸造の前に日本でのワインづくりを学ぶため、道内の協力農家が育てたブドウを使って他のワイナリーで醸造した。

北海道では、ワイナリーやブドウ農家の連携が強い。ド・モンティーユ&北海道は余市町や岩見沢市の農家から18年産ブドウを調達し、受託醸造所として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン