/

東海大硬式野球部員、寮内で大麻使用か 活動停止発表

(更新)
 記者会見で謝罪する(左から)東海大の伊藤栄治硬式野球部長、山田清志学長ら(17日午後、神奈川県平塚市)=共同

東海大は17日、硬式野球部で不祥事が判明したとして、無期限の活動停止を決定したと発表した。同日午後、山田清志学長と伊藤栄治硬式野球部長らが記者会見し、山田学長は「寮内での大麻らしき薬物使用の疑いがあり、調査の結果、部員複数名の使用が確認された」と説明した。

神奈川県警に相談しており、16日に硬式野球部の寮の家宅捜索を受けた。今後捜査に協力するという。山田学長は記者会見で「心よりおわび申し上げる」と謝罪し、「再発防止に全力を注ぐ」と述べた。

大学側によると、9日、部員の薬物使用疑惑に関する連絡が電話で寄せられた。一部の部員は大学側の調査に、野球部の寮内で薬物を使用したことを認め「興味本位で使用した」と話しているという。

首都大学野球連盟は東海大が開催中の秋季リーグ戦を辞退すると発表した。18日に武蔵大と対戦する予定だった。

東海大硬式野球部は首都大学リーグで昨秋まで4季連続73度の優勝を誇り、全日本大学選手権は4度制している名門。巨人の原辰徳監督、菅野智之投手ら多くのプロ野球選手を輩出している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン