客の預金670万円着服、十六銀行員解雇 岐阜

2020/10/17 8:11
保存
共有
印刷
その他

十六銀行(岐阜市)は17日までに、顧客の預金670万円を着服したとして、男性行員(35)を9日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

同行によると、行員は昨年12月~今年9月、下呂支店(岐阜県下呂市)の顧客1人から入手したカードを使い、預金を繰り返し着服した。今年9月に顧客から問い合わせがあり、着服が発覚した。

被害弁済は完了したという。同行は「事態を重く受け止め、再発防止に全力を挙げて取り組む」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]