/

この記事は会員限定です

米景気懸念を後退させた堅調なモノ消費

NQNニューヨーク 岩本貴子

[有料会員限定]

16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発した。9月の米小売売上高が市場予想を上回り、個人消費が堅調だと受け止められた。新型コロナウイルスがまん延する中での年末商戦でモノの消費が伸びれば、一段と投資家心理が上向くことになりそうだ。

米商務省が16日発表した9月の米小売売上高(季節調整済み)は前月比1.9%増と市場予想(0.7%増)を大きく上回った。新型コロナ感染への警戒から旅行な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン