/

日韓議連幹部、17日から訪韓 首相「現況打開が大事」

超党派でつくる日韓議員連盟の河村建夫幹事長(自民党)は16日、韓国を17~19日の日程で訪問すると発表した。韓国側の韓日議連幹部と、元徴用工訴訟問題で冷え込んだ日韓関係を巡って意見交換する。菅義偉首相は河村氏と官邸で会談し「現況は厳しいが、どう打開していくかが大事だ」と述べた。

河村氏は、韓日議連幹部が11月12日に来日する予定を伝えた。首相は幹部との面会に関し「国会日程の兼ね合いもある」として明言しなかった。

河村氏は訪韓について記者団に「日本政府は韓国側の対応を待っている。進捗や、韓国側がどう考えているかを聞きたい」と語った。訪韓中に、与党「共に民主党」代表の李洛淵(イ・ナギョン)前首相との会談も調整する。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン