/

この記事は会員限定です

ゴルフ場・リゾート会員権、大都市近郊で上げ鮮明

高価格帯に動意 コロナ下、富裕層に外出需要

[有料会員限定]

東京など大都市近郊のゴルフ場やリゾートクラブの会員権が値上がりしている。緊急事態宣言解除後の上昇率は最大4割に達する。新型コロナウイルス禍でも密を避けて外出したいという富裕層の需要を捉えている。リゾートクラブは「ワーケーション」拠点としても注目されているようだ。

関東ゴルフ会員権取引業協同組合(東京・千代田)によると、関東圏のゴルフ場150コースの平均価格は9月が161万円と15カ月連続で前年同月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン