/

この記事は会員限定です

中国の豚肉、価格安定へ増産 官民が寡占に動く

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸】豚肉消費量で世界の約5割を占める中国で官民が安定供給に動き始めた。ウイルス性家畜伝染病のアフリカ豚熱(ASF)で出荷頭数が減少し、豚肉価格が高騰しているためだ。養豚大手4社は合計で8千億円規模を投じ、供給量を倍増。政府も業者の大規模化を後押しする。価格が乱高下する課題の克服に挑む。

飼育頭数で中国1位の温氏食品集団(広東省)は9月15日、計62億元(約970億円)を投じ、2023...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン