/

この記事は会員限定です

長者番付逃れたゴーン元会長 高額納税の開示回避か

真相深層

(更新) [有料会員限定]

かつて長者番付という制度があった。毎年5月に高額納税者の氏名や住所を全国の税務署に掲示し、松下幸之助、江副浩正ら時代を彩る名が並んだ。世間の関心は高かったが、21世紀に入って個人情報保護などの意識が高まると、2004年分を最後に廃止された。

半ば過去のものだった長者番付が再び注目を集める出来事が、9月15日に東京地裁であった。

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告が高額報酬を隠そうとしたとされる事件の初公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン