/

神戸アイセンター、iPS視細胞を初移植

記者会見する神戸市立神戸アイセンターの栗本病院長(左)ら(16日、神戸市中央区)

神戸市立神戸アイセンター病院は16日、他人のiPS細胞から目で光を感じる視細胞を作り、目の難病「網膜色素変性」の患者に初めて移植したと発表した。臨床研究として実施し、経過は順調という。今後約1年かけて安全性や有効性の検証を進める。iPS細胞を使う再生医療で目の病気を手術したのは3件目となる。

手術を受けたのは関西地方に住む60代女性。網膜色素変性を発症し、網膜の細胞が傷んで視野が狭くなり、わずかに明暗が分かる程度の視力しかなかったという。

手術は10月上旬に実施し、約2時間で終了した。京都大学iPS細胞研究所が作製した他人のiPS細胞を視細胞のもとになる細胞に育ててシート状にし、神戸アイセンター病院で患者の網膜に移植した。特に合併症はなかったという。

記者会見した同病院の栗本康夫院長は「治療法がなかった病気を治せるだけでなく、脳や脊髄などの中枢神経の再生医療に向けた一歩だ」と話した。

今回は安全性の確認が目的だが、患者の視力が回復するかどうかも評価していく。研究が順調に進み安全性や有効性が確認できれば、大日本住友製薬が実用化する予定だ。

網膜色素変性は目の網膜で光に反応し、刺激を神経細胞に伝える視細胞が傷む遺伝性の病気で、国内患者数は3万~4万人おり、根本的な治療法はない。細胞治療のほか網膜の役割を果たす電子デバイスの移植や遺伝子治療などが試みられている。

理化学研究所と神戸アイセンター病院は視細胞の働きを助ける網膜色素上皮細胞の再生医療の臨床研究も手掛ける。既に「加齢黄斑変性」の患者にiPS細胞から作製した色素上皮細胞を移植し、1年の経過観察で安全性を確認した。

iPS細胞を使う再生医療については、加齢黄斑変性のほかにパーキンソン病、角膜の病気、重症心不全などで実際に患者への移植が実施されており、実用化を目指した研究が進んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン