原発頓挫、重電が探る新天地 インフラ・水素に賭ける
乱戦エネルギー市場(下)

ネット・IT
環境エネ・素材
2020/10/16 20:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「英国政府からの返事を20カ月待った。もうこれ以上は待てない」(東原敏昭・日立製作所社長)。9月、日立は英国での原発建設からの撤退を決断した。三菱重工業のトルコに続き、英国での「日の丸原発」プロジェクトの頓挫。日本国内での原発新設が見込めないなか、日本の重電メーカーは海外に活路を見いだしたが、その望みが絶たれた瞬間だった。

日立は7月、過去最大の7500億円を投じてスイスABBの送配電事業を買収…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]