/

この記事は会員限定です

日銀対象外の社債に需要 投資家、6年債に活路

[有料会員限定]

残存期間が6年前後の社債に投資家が目を向けている。新型コロナウイルス対応で日銀が購入対象の年限を従来の3年までから5年までに広げ、対象外で上乗せ金利(スプレッド)がまだ厚い6年債に投資家が追いやられている。金融緩和のなかで、投資家がよりリスクの高い中長期の社債に向かう構図が強まってきた。

「日銀の社債オペで5年以下のスプレッドが極端に抑えられている。収益機会はぺんぺん草も生えないほど乏しい」。マニュラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン