/

この記事は会員限定です

北陸新幹線、敦賀延伸遅れの可能性 沿線再開発に影響

[有料会員限定]

北陸新幹線の金沢―敦賀間の開業時期が2023年春から遅れる可能性が出てきた。与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)の細田博之座長が9日、建設工事の遅れを理由に「厳しい情勢だ」と福井県の知事らに話したからだ。15年3月の新幹線の金沢開業から5年余り、沿線の自治体や観光関係者らから不安の声が上がる。

「新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた飲食店は、新幹線延伸を希望だと感じている」。福井市中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン