静岡県富士宮市、在宅高齢者にフレイル対策 コロナで

静岡
2020/10/16 20:00
保存
共有
印刷
その他

静岡県富士宮市は要介護の一歩手前のフレイル(虚弱)を在宅で予防する取り組みを始める。介護予防体操のDVDなどを高齢者に無料で貸し出す。新型コロナウイルスの感染が終息しない中、自宅で密閉・密集・密接の3密を避けて健康づくりに役立ててもらう。

「しぞーかでん伝体操」「ふじの山体操」のDVDやCDを貸与する。体操をイラストで解説した資料も配る。申し込みは地域包括支援センターなどで受け付ける。

フレイル対策は国が2020年度に75歳以上の後期高齢者の保健事業に導入するなど、介護予防や医療費を抑制する観点から近年関心を集めている。

富士宮市は人口に占める65歳以上の割合(4月1日時点)が29%に達しており、感染症を予防し自宅で健康づくりに取り組めるようにする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]