聖隷福祉事業団、動画で健康アドバイス 検査結果受け

医療・健康
静岡
2020/10/16 20:00
保存
共有
印刷
その他

聖隷福祉事業団(浜松市)は人間ドックや健康診断を受けた人に動画で健康アドバイスを送るサービスを始めた。検査の結果を記載した表にある2次元バーコードをスマートフォンで読み込むと動画が再生され、血圧や糖代謝などの項目について注意すべきことが分かる。

人間ドックと企業などを通じて受ける定期健康診断に対応する。結果表の診断項目のうち、血圧、糖代謝、脂質代謝、肥満度を示すBMIなどに動画の解説を設けた。結果に応じて注意が必要な項目には星印を付け、動画の視聴を促す。

各動画は3分間程度で、どんな病気につながるリスクがあるか、予防するには何に気をつければいいかを説明する。精密検査の受け方も案内する。結果表の見方などを説明する映像を含めて、9本の動画を用意した。

これまで、人間ドックや健診を受けても「数値ばかりで分かりにくい」「健康維持への生かし方が分からない」といった声が多かったという。

同社の聖隷健康診断センター(浜松市)、聖隷予防検診センター(同市)、聖隷健康サポートセンターShizuoka(静岡市)の3カ所で実施する人間ドックや健診に対応する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]