/

この記事は会員限定です

繁殖終えた和牛、海外に輸出 島根の熟豊ファーム

[有料会員限定]

繁殖を終えた雌の和牛(経産和牛)を仕入れて飼育している熟豊ファーム(島根県雲南市)は、シンガポールなどに枝肉の輸出を開始した。経産和牛を本格的に輸出するのは国内初といい、数億円を投資して牛舎の拡充も検討する。新型コロナウイルスの影響で国産牛肉の価格が落ち込む中、程よく脂の乗った肉が高い評価を得た海外市場を開拓する。

輸出する肉のブランド名は「AGED-WAGYU」とする。今夏に国外に販路を持つ食肉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン