JR九州、福岡市東区に新駅 2025年開業めざす

2020/10/16 19:28
保存
共有
印刷
その他

JR九州の新駅は18年開業の糸島高校前駅(福岡県糸島市)以来

JR九州の新駅は18年開業の糸島高校前駅(福岡県糸島市)以来

JR九州は16日、鹿児島線の箱崎―千早駅(いずれも福岡市東区)間で新駅を設置すると発表した。市営地下鉄箱崎線・西鉄貝塚線の「貝塚駅」に近く、九州大学箱崎キャンパス跡地の再開発で利用客増を見込む。2025年の開業をめざす。

キャンパス跡地の再開発は福岡市や九大が事業主体となり、周辺を含む約50ヘクタールが対象。JRの新駅で博多駅との行き来が便利になる見通し。

キャンパス跡地周辺の住民協議会が19年10月、福岡市やJR九州に新駅設置を要望していた。JR九州の新駅は18年開業の糸島高校前駅(福岡県糸島市)以来となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]