群馬、コロナ下で手探りの外国人共生
こだま

2020/10/16 19:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「感染予防を徹底するようにみんなに伝えてほしい」。在東京ブラジル総領事館のジョアン・デ・メンドンサ・リマ・ネト総領事が8日、群馬県大泉町を訪れて訴えた。会場には、企業の経営者ら地元のブラジル人コミュニティーのリーダー的な人々が20人弱集まっていた。

在東京ブラジル総領事が大泉町に来て感染対策を自国民に呼びかけるという異例の措置は群馬県の山本一太知事の要請で実現した。県内では9月に入って新型コロナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]