/

この記事は会員限定です

配送ロボ公道実験、日本郵便に続きヤマト・佐川も

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

物流大手が配送ロボットの公道での実証実験に乗り出した。日本郵便が7日から国内で初めて始めたほか、ヤマトホールディングス(HD)、佐川急便も近く開始する。消費者宅へ配送する「ラストワンマイル」での活用を想定しており、人手不足対策として期待される。ただ、道路交通法上の配送ロボットの位置づけがまだ決まっておらず、法整備が急務だ。産官一体となってアフターコロナの物流網を築く。

日本郵便は10月末まで、ロボット開発のZMP(東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1616文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン