/

この記事は会員限定です

外資の意欲そぐ インド遡及課税 R・K・シン氏

インドノミクス・コンサルティング チーフエコノミスト

[有料会員限定]

英携帯大手のボーダフォン・グループが、インドでの2007年の買収にかかわる2千億ルピー(約2900億円)規模とされる遡及課税を巡り、インド政府と争っていた問題で国際法廷の動きがあった。オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は9月、遡及課税は違法との裁定を下した。

インド財務省は、裁定について法的救済を含むすべての選択肢を検討するという声明を出した。だがインド政府が裁定を覆せる可能性は高くないだろう。裁定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1584文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン