/

島津製作所と東北大、呼気でコロナ検査 実用化目指す

島津の上田輝久社長(左)は「この技術を世界に発信したい」と意欲をにじませた(16日、仙台市)

島津製作所と東北大学は16日、新型コロナウイルスの感染の有無などを呼気から判定できる技術を開発したと発表した。呼気に含まれる成分を約5分で採取し、島津の分析装置で解析する。鼻の奥から検体を採取する方法に比べ患者のストレスが少なく、結果を得るまでに約1時間で済む。臨床研究を進め早期の実用化を目指す。

島津と東北大は呼気に含まれる微粒子「エアロゾル」を採取するデバイスを使い、質量分析計と呼ばれる精密な分析装置で解析する。新型コロナの感染の有無を判定するほか、ウイルスのたんぱく質なども分析でき、重症化リスクや他の感染症の感染有無も判定できるという。

今後、島津と東北大は臨床研究を進めて早期に医療機器としての申請を目指す。ただ共同研究を進める東北大の赤池孝章教授は実用化の時期について「まだ一般的な技術として普及するのは時間がかかる」としている。島津は分析機器大手。新型コロナの発生以降、感染症対策プロジェクトを立ち上げて新型コロナ向けの新技術開発に注力している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン