/

この記事は会員限定です

[社説]新型コロナが示した小売業の教訓

[有料会員限定]

緊急事態宣言の発令から半年余り。2020年3~8月期の小売業の決算を見ると、新型コロナウイルスの感染拡大が個人消費に与えた影響は大きく、今後の経営に教訓をもたらしている。

1つはこれまでの成功を支えた前提条件への過信は禁物ということだ。近年の消費の重心は人口減や少子高齢化とともに大都市部の繁華街や駅周辺にシフトしたが、コロナ禍で一変。テレワークの広がりや外出の自粛で都心部の集客力が低下した。

百貨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン