ネットカフェ運営のサンコーなど2社、破産開始決定 負債額計21億円

新型コロナ
広島
中国
サービス・食品
2020/10/16 18:45
保存
共有
印刷
その他

ネットカフェ運営のサンコー(広島市)とカキタ(同)は、15日付で広島地裁から破産手続きの開始決定を受けた。両社は経営者が同じで、本通商店街(同)や首都圏で「メディアカフェポパイ」を手掛けていた。帝国データバンク広島支店によると、負債額は合計で21億7000万円。以前からの資金繰り難に、新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけた。

広島市の本通商店街などでネットカフェを手掛けていた

サンコーの負債額は約17億円、カキタは約4億7000万円。

サンコーは1982年の創業で、レンタルビデオ店などを経営していた。2000年代に入ってからはネットカフェを広島市や関東で出店し、08年4月期には売上高が33億円を超えた。

利用者の減少を受けてレンタルビデオ店からは撤退。ネットカフェの出店を増やしたが、競争激化で収益の低迷や資金繰り難が続いた。今年3月ごろに債権者に破産を申請されるなかで営業を継続していたが、コロナの影響で休業を余儀なくされた。緊急事態宣言の解除後も客数は回復せず、事業継続が困難と判断した。

新型コロナを一因とする倒産は広島県内で17.18件目、中国地方では33.34件目となる。関西や九州などの「メディアカフェポパイ」は別の会社が運営している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]