/

小池都知事、デジタル相にIT人材確保について要望

東京都の小池百合子知事は16日、IT人材確保について、平井卓也デジタル改革相と会談した。国の場合は官民交流法で、民間企業の人材を元の会社に籍を残したまま省庁で働かせることができる。人材交流を促すため、地方自治体にも同様の運用ができるようにすることなどを要望した。

小池氏は会談後、「IT人材を確保しないことにはデジタル化は進まない。官民のチームで連携するというのが、法律的にもできるようにしていくなど工夫が必要だ」と記者団に語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン