/

異臭騒ぎで化学物質検出 通常の7~14倍、神奈川県

異臭の発生源は特定できていない

神奈川県は16日、同県横須賀市で14日に発生した異臭を分析した結果、ガソリンなどが蒸発したガスに含まれる化学物質が大気から検出されたと発表した。濃度は通常の7~14倍だったが、直ちに健康に影響を及ぼすレベルではない。発生源は特定できていない。

検出されたのはイソペンタンやペンタン、ブタンで、横浜市が市内で採取して13日に発表した物質と一致した。県の担当者は「一定の共通性がある。自然由来を全く否定できるものではないが、人為的な施設から出てくるものではないか」との見方を示した。県の分析ではベンゼンも検出されたが、基準値以下だった。

横須賀市では14日午後3時ごろ、市消防局庁舎で異臭を確認し、市消防局が大気を採取。県環境科学センター(平塚市)で分析した。神奈川県内では6月以降、横須賀市や横浜市、三浦市で異臭騒ぎが起きている。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン