苦境のタクシー 異業種連携に活路 温泉旅館や百貨店

2020/10/16 17:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

栃木県最大のタクシー事業者、ファーストタクシーグループが県内の温泉旅館や百貨店と連携した新規事業を相次ぎ打ち出している。新型コロナウイルスの影響で外出や出張の自粛が長期化し、乗客は今も前年の6割程度にとどまる。目的地まで直行できるタクシーの利便性を生かし、新たな需要を掘り起こそうと知恵を絞る。

新サービス第1弾として打ち出したのが、自宅と温泉旅館の往復送迎付き宿泊プランの「楽タクトラベル」だ。那…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]