/

この記事は会員限定です

「起業の挑戦支える社会に」シナモン平野未来代表

[有料会員限定]

菅新政権はデジタル化や規制改革を政策の目玉に据えた。日本からスタートアップやイノベーションを生み出すにはどうしたらいいのか。起業家で2児の母でもある人工知能(AI)スタートアップ、シナモン(東京・港)の平野未来代表兼最高経営責任者(CEO)に現状と課題を聞いた。

――コロナ禍で日本のデジタル化の遅れが問題視されました。

「日本の意思決定層はITのことを知らない人が多過ぎる。官僚や大企業の幹部はデジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン