/

この記事は会員限定です

住友林業、海外シフトが課した宿題 資金効率が低下

証券部 松本萌

[有料会員限定]

米国で最も人口が増えている地域、テキサス州のダラス・フォートワース都市圏。北米トヨタやJPモルガン・チェースといった有力企業が次々に主要拠点を移転している。この地域で20階建ての高級賃貸住宅の開発を進めるのが、住友林業だ。NTT都市開発との共同プロジェクトで、約120億円を投じる。

住友林業の海外シフトが加速している。2020年3月期の住宅販売戸数は米国とオーストラリアの合計で1万戸を超え、国内の約870...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン