/

この記事は会員限定です

国産ミュージカル新時代 自然な日本語、音楽に乗せて

[有料会員限定]

劇団四季がオリジナルミュージカルの本格的新作を16年ぶりに発表した。今後も「創作もの」を興行の重要な柱にすえる。ポストコロナのミュージカルの世界に、オリジナルの時代は到来するだろうか。

四季の新作「ロボット・イン・ザ・ガーデン」が10月3日、東京の自由劇場で開幕した(11月29日まで、その後続演も)。ファミリーミュージカルを除けば、2004年の「南十字星」以来のオリジナル作。注目の初日をみて、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン