/

元法相と「決別すべきだ」 案里議員元私設秘書

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が16日、東京地裁で開かれた。

案里議員の元私設秘書の女性が出廷し、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)=同罪で公判中=について「決別した方が良いと思う。(克行元法相が)あのような方だから、このようなことになっていると思う」と証言した。案里議員の弁護人は16日、5回目の保釈請求をした。

元秘書は昨年3~10月、克行元法相と案里議員の下で勤務。実質的に案里議員の付き人だった。段階的に給料を減額され、克行元法相への不信感があり辞職したという。

案里議員への気持ちを聞かれた元秘書は「優しい人。自分の思うように生きてほしい。克行元法相は良い影響を与えているように見えない」と発言。今後について「以前と同じように楽しく話したい。好きな映画や女性同士の話ができればいいと思う」と話した。

元秘書は案里議員の選挙戦に関して「案里先生は『組織票がない。女性票や浮動票を狙う』とよく話していた」とした。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン