/

この記事は会員限定です

マツキヨ、ベトナムに出店 インバウンド苦戦に反攻

[有料会員限定]

ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)はベトナムに進出する。18日にホーチミン市に1号店を開く。タイ、台湾に続く海外出店となる。同社はインバウンド(訪日外国人)が収益源の一つだったが、新型コロナウイルスの影響で苦戦している。アジア出店で需要を直接取り込む。

ベトナムで外食店などを展開するロータス・フード・グループとマツキヨHDが7月に設立した合弁会社が店舗を運営する。プライベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン